·
·

PCI Security Standards Council について

2006 に設立された PCI Security Standards Council は、PCI セキュリティ基準の開発、管理、教育、 および認知を担当する、オープンなグローバルフォーラムです。PCI セキュリティ基準には、データセキュリティ基準(DSS)、ペイメントアプリケーションデータセキュリティ基準(PA-DSS)、および暗証番号入力デバイス(PED)要件が含まれます。

設立企業 5 社すべてが各データセキュリティ準拠プログラムの技術的要件として PCI DSS を採用することに同意しています。また、設立メンバは、PCI Security Standards Council によって承認された QSA と ASV を PCI DSS の準拠を検証するために適切であると認識しています。

アメリカ合衆国デラウェア州で公認された有限責任会社(LLC)である、PCI Security Standards Council は、American Express、 Discover Financial Services、JCB International、MasterCard、Visa Inc. によって設立されました。ペイメントブランド 5 社すべてが審議会の統括を平等に共有し、PCI Security Standards Council に対してアドバイスし合い、組織の運営に関する責任を共有しています。その他のペイメント業界の利害関係者も、組織に参加し、基準について提案された追加事項や変更部分について確認することをお勧めします。

先頭に戻る

PCI Security Standards Council(以下「PCI SSC」といいます) では、組織が PCI 基準(以下「基準」といいます)との準拠を実現するのに役立つさまざまなツール、問診、ガイダンス、FAQ、トレーニングリソースなどの資料や情報を提供します。第三者の製品およびサービスもご利用になれますが、PCI SSC はそのような第三者の製品またはサービスを推奨または是認するものではありません。また、準拠の実現に努めるあらゆる組織が、第三者の製品またはサービスを購入する前に、基準および関連要件に精通できるよう支援するものではありません。最終的に準拠を達成するには、第三者の製品またはサービスを使用しているかどうか、またはどの第三者の製品やサービスを使用しているかに関わらず、該当するすべての要件を満たす必要があります。
Powered By OneLink